文集「原告の声」

​    ~提訴から3年を経た今の思い 

 

 子宮頸がんを予防するとのふれこみでHPVワクチンを接種したことによって重篤な副反応被害に苦しむことになった女性たちは、2016年7月27日に東京・名古屋・大阪・福岡で一斉に提訴しました。  

 それから3年の間、彼女たちは体調不良に苦しみながらも裁判所に足を運び、被害の実態を裁判官に伝えてきました。  

 接種当時に中高生だった被害者の多くは、本来であれば大学生や社会人として社会にはばたくはずだった年齢に達しています。しかし現実には、目の前の症状に苦しみ、将来が見えない不安にさいなまれる日々を強いられています。  

 こうした実情をご理解いただけるよう、全国弁護団は、提訴から3年を経た被害者と家族の今の思いを、文集にまとめました。 HPVワクチン薬害訴訟 原告の声 提訴から3年を経た今の思い  

(2019/07/19 HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団編、

                   HPVワクチン薬害訴訟弁護団HPより抜粋)

​※25ページは、白紙のため掲載していません。

 
 
 
 
 

​HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団 Q&A

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now